ウィッグ 寿命

ウィッグを購入すると気になるのがウィッグの寿命。
ある程度使っていくとカールが取れたりする場合もありますが
一体どのくらいで交換が必要になるのでしょうか。

ウィッグは使用方法やお手入れなどにもよりますが
基本的には2~3年ほど寿命があるといわれています。

もちろん寿命といっても使い方によって変わってきますので
3年よりも長く使用できる場合もあります。

しかし長く使えば使うほど色落ちの可能性もありますので
いつかは使えなくなってしまいます。

交換の目安としては髪の色が変わってきてしまっている、
ウィッグの毛が落ちてきている、さらにネットが破れている
などになります。

毎回使用する前にウィッグの状態をチェックしてみるとよいですよ。

もちろん長く愛用したい場合は日頃のお手入れが肝心です。

しっかりとおこなえば長く使えますので
ウィッグ専用のブラシでブラッシング。

適度にシャンプーをして匂いや絡まりをとる。
通気性の良い、陽があたらない場所で保管をして
色あせないように注意する。

このようなことをしっかりとおこなえば、長く使用できます。

もちろんウィッグ自体が高品質なものであれば
さらに長く愛用することができますので
品質の良いショップで購入をして、しっかりとお手入れをし
ウィッグを長持ちさせましょう!

⇒品質の高いウィッグ通販サイト

ウィッグ

ウィッグってどうしても不自然に見えないか気になりますよね。
今回はウィッグが不自然に見える場合の対処方法をご紹介します。

まずウィッグが不自然に見える理由を考えてみましょう。

主に不自然に見える原因はウィッグにテカリがある、
つむじの作り方が不自然、ウィッグが浮いている、
このような場合が多いです。

では不自然に見えないような方法ですが
ウィッグにテカリがある場合はデオドラントスプレーを
頭頂部にかけてみると、テカリが抑えられ
より自然に見せることができます。

この時あまりかけすぎると白くなってしまうので注意しましょう。

つむじの作り方が不自然な場合、こちらはウィッグに
作りになりますので、つむじが見えないよう
自分でアレンジするのが一番です。

分け目を別の部分してアレンジしたり、帽子をかぶったり、
ヘアアクセサリーをつけてみるとつむじの部分が
わからなくなりより自然に見せる事ができます。

ウィッグが浮いてしまう場合、こちらはウィッグのネットを
かぶる前により均一に髪の毛を整えるのが大切です。

浮かないために、お団子などを作るときはゴムを使わない事、
お団子のように上にまくのではなく、平たく均一にまいて
ピンを止めてください。

細かい髪もネットの上からピンで抑えるとよりきれいに見えます。

それでもどうしても浮いてしまう場合は水泳帽を
ウィッグネットの代用品として使用してみましょう。
そうすると、簡単に髪を整えることができますよ。

ただし水泳帽は長くかぶると頭の締め付けがきついものもあるので
もしきついようなら一回り大きなものを購入するとよいですよ。

ボブウィッグなどは前髪が長く、自分のサイズにあっていないので
自分にあった長さにカットするのも大切です。
そうすることでより自然にみせることができますよ。

ただし前髪を切る場合は自分の髪と違って一度切ってしまうと
伸びてこないので、少しずつ慎重に切りましょう!

⇒品質の良いウィッグ通販がこちら

ウィッグ ズレる

ウィッグを使用していると心配なのが、ウィッグがズレたり
落ちたりしないかどうか。

特にウィッグを使用したことがない人にとってはウィッグが
ズレたりしないか心配でウィッグの購入をためらう人も
いると思います。

ウィッグを試着して店頭で購入する場合は問題ありませんが
ウィッグを試着できない通販店で購入する場合は
余計に不安になりますよね。

しかし心配の必要はほとんどありません。
ウィッグを通常に使用していればウィッグがズレたり
落ちたりすることはありません。

そのためにもウィッグを被る時は綺麗にウィッグ専用のネットで
まとめること、この時にゴムを使用せずピンを使って
まとめるようにしましょう。

髪の長い方はお団子にするのではなく、髪全体を均一な
高さにまとめるのがポイントです。

髪の毛をピンでしっかりと固定すればゴムを使用しなくても
ウィッグがずれることはありませんよ。

そしてアジャスターを自分の頭のサイズにしっかりと
あわせること。落ちたりしないか心配な場合はこのアジャスターを
少しきつく締めつけると良いですよ。

ただ長い時間被る時あまりきつく締めすぎると頭がきついので
ほどほどにした方が良いです。

細かく髪が気になる場合もピンを使用してくださいね。

ただし、強く引っ張られたり、激しく運動したりする場合は
ズレる心配もありますのでご注意を。

多少の運動や普段の生活ではずれたり、落ちたりする心配はまずないので
しっかりとウィッグを着けてくださいね。

⇒人気のウィッグ通販サイトはこちら

ウィッグ 自然

一昔前まではかつらと呼ばれることが多かったのですが
最近はおしゃれアイテムとしてウィッグと呼ばれるようになりました。

そもそもかつらとウィッグの違いは何なのでしょうか?

実はかつらとウィッグにはほとんど違いがありません。
ウィッグとは日本語でかつらの意味ですし、
何も違いがあるわけではありません。

かつらといってしまうと昔から髪の悩んでいる方が
つけるイメージがあったので、おしゃれアイテムとしては
ウィッグという言葉が使われるようになりました。

最近ではCMでも女性用の場合はウィッグという言葉を
使われる方がほとんどですね。

かつらとウィッグの違いはありませんが、医療用とファッション用で
違いがある場合もあります。

ファッション用はデザインや可愛さを重視して作られていますが
医療用は病気や怪我で使用するので、自然に見えたり
着け心地などが優先されて作られてある場合が多いです。

医療用のウィッグの方が工夫がされている場合が多いので
値段もファッション用と比べて高い場合も多いですね。

しかし口コミなどを見ているとファッション用のウィッグを
医療用として使用している方もいます。
やはり女性としてはより可愛いものを使用したいので
ファッション用のウィッグを使用する場合もあるようですね。

最近ではファッション用のウィッグも高品質なものが増えてきて
通気性や着け心地、自然さを重視するものも多いです。

医療用のウィッグを使用している人もファッション用のウィッグの
サイトを見てみると可愛くて高品質なウィッグが見つかるかもしれません。

⇒自然なウィッグの販売店がこちら

ウィッグ サイズ

ウィッグを購入する時に疑問に思うのがサイズがあるのかどうか、
自分の頭にフィットするか不安ですよね。

今回はウィッグのサイズがあるかどうかご紹介します。

ウィッグのサイズですが、基本的にはMやLなどのサイズはなく
後頭部についているアジャスターを自分の頭のサイズに合わせて
調整させてウィッグを着用します。

アジャスターとはキャップなどを自分のあたまにあわせて
調整させるものです。
なのでウィッグにはサイズというものはほとんどありません。

しかし最近ではウィッグのメーカーでサイズが販売されていることも
あるので、もしかすると今後2サイズくらい販売される
可能性もあるかもしれませんが、主流ではありません。

サイズ展開をするとウィッグを作成する側もコストがかかりますので
ウィッグが高くなってしまいます。

現在ウィッグでサイズ展開がされているものは
値段が高いといった欠点があり
おしゃれアイテムとして使用するウィッグはフリーサイズがほとんどです。

アジャスターの大きさですが基本は48cmから60cmほど。
頭の大きさは個人差がありますが、極端に大きかったり
小さかったりしなければほとんど問題ありません。

心配な場合は自分の頭を計ってみるかウィッグのメーカーに
問い合わせしてみると良いですよ。

⇒ウィッグの人気通販店がこちら