耐熱ウィッグと非耐熱ウィッグの違い

ヘアウィッグ

ファッション用のヘアーウィッグには耐熱ウィッグと
非耐熱ウィッグが販売されていますが
この2つはどのように違いがあるのでしょうか。

通販サイトでも人気のあるお店では耐熱用と記載が
ある場合が多いですよね。

耐熱用のウィッグはお店によって温度が違いますが
高温にも耐えられるファイバーで作成されています。

主に160度から180度までOKというウィッグが多く、
上記の温度であればヘアアイロンやコテを使用して
ヘアアレンジが可能となります。

さらに耐熱ウィッグの良い点は品質がよく、毛がサラサラしている事。
あまり絡まないので長持ちします。

さらに最近の耐熱ウィッグはつむじが人工スキンで
作られているものもあり、とても自然で
ウィッグ感があまりないのがうれしいですね。

さらにウィッグ特有のテカリも少なく、シャンプーなど
お手入れも可能になります。

逆に非耐熱用のウィッグは耐熱用のウィッグと比較して
価格が安いのが良い点ですが、毛に使われている
ファイバーの品質が良くなく、テカリが多いものが多いです。

非耐熱性なのでヘアアイロンやコテ、ドライヤーが
使用できないため、ヘアアレンジもすることができません。

ほとんどアレンジする必要がないヘアスタイルであれば
問題ありませんが、ウィッグも時間がたつと
カールなど取れてきてしまうので、やはり耐熱用のウィッグの方が
長く使用することができます。

最近の人気の通販サイトはほとんどが耐熱性のものが多く、
高品質でも値段が安いお店が増えてきましたので
ウィッグを購入する場合は耐熱ウィッグがおすすめです。

可愛いウィッグ通販サイトがこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加